筋トレをすると気分が悪くなる原因と対処法

こんにちは、SHIMA.コンディショニングルームの島大樹です。みなさんは、筋トレ中や筋トレ後に、気分が悪くなったり、吐き気やめまいが出たことはありませんか?特に筋トレ初心者の人や運動習慣のない人が急に運動を始めた時などに、こういった症状が起こりやすいのですが、なぜ筋トレをすると気分が悪くなるのか、その原因が分かれば何も恐れることはありません。これから筋トレを始めようと思っている人だけでなく、筋トレをすでに行っている人も、安心して筋トレを行っていただくために、その原因と対処法をお伝えしたいと思います。

気分が悪くなる原因

まずは、筋トレ中や筋トレ後に気分が悪くなったり、吐き気やめまいがでることは誰にでも起こり得ることで、病気ではないという事を頭に入れておいてください。この気分の悪さや吐き気、めまいの原因は、筋トレによって筋肉にしっかり刺激を与えると、本来なら脳や内臓に回される血液が筋肉に優先的にいってしまうことで、脳や内臓への血流量が減り酸欠になるのが原因です。これは「運動後低血圧」という症状で、筋トレに限らず、ランニングやその他のスポーツを行ったときにもなることがあります。

運動後低血圧とは?

運動後低血圧についてもう少し詳しく説明すると、運動すると心拍数が増え、血圧を維持するために十分な血液を送り出し、血管は拡張した状態になります。運動をやめると徐々に心拍数が減り始めるのですが、血管は拡張したままの状態になっているため血圧が低下してしまいます。血圧が急激に下がることで、心臓よりも上にある脳まで血液が行き届かなくなるため、脳への血流量が減り十分な酸素を供給することができず、脳が酸欠状態になります。脳が酸欠状態になることで、脳の機能が低下し、気持ち悪さや吐き気、めまいが起こり、ひどい場合には気を失ってしまうこともあります。

筋トレ初心者の人は、筋トレの負荷に体が慣れていない、筋トレ中に正しい呼吸法が行えていないことが原因で酸欠状態になりやすく、そのため気分が悪くなるという人がそれなりの確率でいらっしゃいます。では、筋トレを習慣的に行っているトレーニーの人は気持ち悪くなったりしないのか、と言うとそんなことはありません。しっかり体を鍛えている人でも、最大筋力を上げるために限界まで追い込んだ高負荷の筋トレを行った時などには、同じように気分が悪くなったりすることもあります。

対処法

それでは、どうすれば運動後低血圧になることなく筋トレを行うことができるのか、その対処法をお伝えします。とても基本的なことですが、この3つのポイントを抑えることで、筋トレによる運動後低血圧を予防することができます。

Ⅰ.筋トレ中も息を止めず呼吸をしっかりする

筋トレをしていると、息を堪えてやっている人がいらっしゃいますが、これはNGです。筋トレを行うときは、ターゲットにしている筋肉に力を入れるときに「息を吐く」、力を抜くときに「息を吸う」のがセオリーとなります。とは言っても、最初は呼吸を意識するがあまり動きがぎこちなくなるケースもあるので、「いーち、にーい、さーん・・・」というように回数を声に出してカウントすることで、自然と呼吸ができるのでオススメです。

Ⅱ.インターバル(休憩)をしっかりとる

筋トレを行うときは、種目間のインターバルは30〜60秒程度を目安に行いますが、運動後低血圧が心配な方は、もう少し長めに休憩時間をとるようにしましょう。休憩中に深呼吸を繰り返して、カラダを落ち着かせることで、酸素不足を予防することができます。

Ⅲ.体力レベルに合った適切な負荷と量で行う

高負荷による筋トレを行うと、運動後低血圧になりやすいので、自分の体にとって適切な負荷と量で筋トレを行うようにしましょう。特に筋トレ初心者の方は、最初は物足りないくらいの筋トレから始めて、カラダが慣れてくるのに合わせて徐々に負荷を高めるようにしましょう。

おわりに

筋トレをすると気分が悪くなる原因と対処法についてお伝えしましたが、参考になりましたでしょうか。筋トレをして気分が悪くなったことがあり、それがきっかけで筋トレをしなくなった人もいらっしゃるかもしれません。ですが、筋肉が衰えることは健康面で見るとデメリットがたくさんあります。正しい方法で筋トレを行えば、効果的にカラダを鍛えていくことができ、健康的な体づくりを行っていくことができます。SHIMA.コンディショニングルームでは、お客様が安全にトレーニングが行えるように、適切な負荷によるプログラムのご提案とアドバイスを行っておりますので安心してご相談下さい。

関連記事

  1. 数値もだけど見た目も大事!

  2. こんな所に筋肉があるんですね!?

  3. ITO-InBody検査

    筋肉量がとても大事!

  4. パーソナルトレーニングに来られている方のプラスのエネルギー

  5. トレーニングをすることは「転ばぬ先の杖」

  6. SHIMA.コンデショニングルーム

    セラピスト歴22年目

PAGE TOP